竹原市の歯科医院、大田歯科医院(医療法人弘仁会)。矯正歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科 等に対応

HOME
リンク集

〒725-0021
広島県竹原市竹原町3511-7

0846-22-0879

お知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内よくある質問院内設備

大人の治療

子供の治療

治療の流れ


qr

携帯電話専用ページは、こちらのQRコードよりご覧頂けます。


歯周病

歯周病セルフチェック項目

□ 歯肉が腫れていますか?
□ 冷たいものがしみますか?
□ 口で呼吸していますか?
□ 歯並びが悪いですか?
□ 喫煙はしますか?
□ 妊娠していますか?
□ 歯磨きはあまりしませんか?
□ 歯磨きをすると歯ぐきから出血しますか?
□ 朝起きた時、唾液に粘りけがありますか?
□ 歯ぐきがムズムズする時がありますか?

歯周病とは

歯の周りには、歯を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。
歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石に、歯周病菌の温床となります。
始めは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯の根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなっていき、常時ウミが出てくるようになります。

歯周病は、一本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。
長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。
また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。

歯周病の症状

◆歯肉炎 
細菌により歯肉が炎症を起こし赤く腫れるが、見ただけではわからない場合も。

治療法
歯の周りの歯垢や歯石を取り除きます。毎日規則正しくていねいに歯磨きを行いましょう。

治療の流れ
検査→歯周基本治療→検査
歯肉炎

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆軽度歯周炎 歯周ポケット4mm以上~5mm以内
歯と歯肉の間にできた溝(歯周ポケット)に歯垢や歯石がたまる。歯ぐきから出血したり、膿が出たりし、歯槽骨(歯を支える骨)が溶け始める。

治療法
歯周ポケットの歯石を取り除き、歯ぐきのマッサージを行います。

治療の流れ
検査→歯周基本治療→検査
軽度歯周炎

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆中等度歯周炎 歯周ポケット5mm以上~7mm以内
炎症が進行して歯と歯肉の間にできた溝(歯周ポケット)が深くなる。血や膿が出て、口臭もひどくなる。歯槽骨がかなり溶けて、歯を指で押すと弱干ぐらぐらしてきます。

治療法
歯ぐき、歯ぐきのマッサージ、歯の根っこについた歯垢や歯石をとります。
※必要に応じて歯周外科手術を行う。

治療の流れ
検査→歯周基本治療→検査→スクーリングルートプレーニング→検査
※状態によって繰り返す
中等度歯周炎

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆重度歯周炎 歯周ポケット7mm以上
歯槽骨(歯を支える骨)がほとんどなくなり歯のぐらぐらも著しくなり抜けることも。歯肉も全体的に真っ赤もしくは赤紫色になり出血も認められる。

治療法
状態によって歯周外科手術、再生療法を行います。歯を残すことが難しく、抜歯が必要となることもあります。

治療の流れ
検査→歯周基本治療→検査→スクーリングルートプレーニング→検査→歯周外科治療または抜歯→検査
                 ↓
             歯周外科治療または抜歯→検査  
重度歯周炎

歯周病の治療について

1.ブラッシング指導

一番大切なことは、日頃のホームケア(歯磨き)です。
歯周溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯につき始めたプラークをしっかり落とすことが大切になってきます。
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んで頂きます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。
 

2.スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークがさらに付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。
 

3.フラップオペレーション(付着療法)

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングだけでは歯石を取り除くことが不可能です。このような場合は、歯肉を外側に開いて歯根を露出させ細かい部分まで歯石を取り除きます。
歯茎を切開して骨から剥離させ、直視下で歯石や感染しきった歯茎を取り除き、残った健康な部分を縫い合わせます。
 

バクテリアセラピー

当院ではバクテリアセラピーを導入いたしました。
医療先進国のスウェーデンを本社にもつバイオガイア社が供給するサプリメントを歯周病治療に導入いたしました。
乳酸菌の1種のロイテリ菌を含むサプリメントでロイテリ菌は人の体内にも存在しほとんど副作用の報告はありません。
免疫力を高める作用があり、多くの疾患にも応用されています。
歯周病菌も抑制する効果が報告されており、平成24年4月現在広島県でも80件以上の歯科医院で導入されています。
希望される方へは歯周治療と並行して、まずプロデンティス30粒かチャイルドヘルス30粒を摂取していただきます。
詳細は当院にご相談ください。

 

バイオガイアジャパンのホームページ>>