竹原市の歯科医院、大田歯科医院(医療法人弘仁会)。矯正歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科 等に対応

HOME
リンク集

〒725-0021
広島県竹原市竹原町3511-7

0846-22-0879

お知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内よくある質問院内設備

大人の治療

子供の治療

治療の流れ


qr

携帯電話専用ページは、こちらのQRコードよりご覧頂けます。


子供の治療

「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか? 
子どもの歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子どもの歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。
子どもの歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

小児の歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子どもにとっては大変なことです。特に小さなお子様なら尚更のことです。 当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。 恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

(1)受診は午前中がおすすめ

小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、
体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。

(2)嘘はつかない

なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。
その分、治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。

(3)身軽な服装で

幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、
治療中はTシャツなど身軽な服装でご来院ください。

(4)リラックスさせましょう

待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげて下さい。

定期検診を受けましょう

定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデーターがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯ができています。
このデータから、いかに小さい時からの予防が大切かということがわかります。

虫 歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。ご家庭での歯みがき習慣などのケア はもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科健診を受けられることをおすすめします。そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に 完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

【むし歯の予防法】

1.プラークコントロール

歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使用して噛み合わせの溝や歯と歯茎の境目や歯と歯の間に付着したプラークを除去することが最も重要な事です。

2.フッ素やキシリトールの使用

フッ素は歯の表面を強くして歯を溶かす酸に対して抵抗力をつけます。また脱灰した歯の表層部分の再石灰化も促進させます。キシリトールはミュータンス菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する効果があります。

3.食生活

栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。砂糖を多く含む食品(おやつ類やジュース等)は摂取回数やタイミングに気をつける必要があります。

4.定期検診

虫歯は放置しておくと、治ることはなく徐々に進行していきます。早期発見のため、また予防処置のために年2~3回は検診されることをお勧めします。

子供の治療の進め方

 受付で保険証の確認、カルテの作成を行います。

やじるし

 問診票などの用紙に記入していただきます。

  問診票をもとに気になること、詳しい症状をお聞きします。

やじるし

 X線写真の撮影

 

口腔内検査、必要に応じて、パノラマデジタルX線写真(全体のレンゲン写真)、デンタルX線写真(細かいレントゲン写真)を撮影します。 (※レントゲン写真については下記をご確認ください。)

レントゲン写真は細部を確認、診断するために必ず必要です。できるだけ撮影させていただいております。
  (子供の場合は全体のX線写真は必要なケースを除きほとんど撮影いたしません。)
 

~レントゲン写真について~

細かいレントゲン写真で0.01msv(ミリシーベルト)です。
脳外科用頸部CTが2.0msv、東京ーニューヨーク間の往復航空旅行での被ばく量が 0.19msvとなっており、全体のx線写真の100回分が日本の年間の自然放射線量(2.1m sv)と同等であることから歯科用のレントゲン写真の放射線量は比較的少ないと考えられます。ご安心ください。

 

 治療方法の説明

  診断後お口の中の状態、治療方法などをご説明させていただきます。

やじるし

 治療開始

  まず1番気になる箇所、治療を希望される部位から治療を開始します。

  幼児や治療に慣れていないお子様には最初はブラッシングから開始したり
  器具を見せたり触ったり鏡でお口の中を確認したりしながら少しずつ慣れていただきます。
  低年齢児の治療の際は保護者に付き添っていただくケースが多いです。

治療の進め方
やじるし

  2回め以降
  状況により前回行った練習を継続したり、可能であれば本格的な治療を開始します。
  鏡を見せながらの治療は確認でき安心して治療を受けることができるため効果的な
  ケースも多くあります。
  患者様の希望や症状に応じて順次治療を進めてまいります。

  当院は説明用ツールや模型、
  サンプルを用いてわかやすく
  ご説明いたします。

治療開始

 

 

小児歯科Q&A