竹原市の歯科医院、大田歯科医院(医療法人弘仁会)。矯正歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科 等に対応

HOME
リンク集

〒725-0021
広島県竹原市竹原町3511-7

0846-22-0879

お知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内よくある質問院内設備

大人の治療

子供の治療

治療の流れ


qr

携帯電話専用ページは、こちらのQRコードよりご覧頂けます。


よくある質問

よくある質問

Q.虫歯があるのですが、治してから矯正歯科に行った方がよいですか?

A.矯正治療をこれから行う患者さんの場合、抜歯をして治療を行う方がいます。
もし、虫歯の歯が矯正治療を行う上で抜くことになった場合、治してしまうとその虫歯を治す費用、時間が無駄になってしまいます。
まず、矯正歯科を受診することをお勧めします。

虫歯の治療にとても時間を費やしてしまうと、矯正治療を行う気持ちがトーンダウンしてしまいがちです。タイミングがずれて矯正治療を行えず、数年後になって矯正治療を行うと年齢が高くなり、治療の期間がかかりやすくなります。

虫歯治療も矯正計画の一環!
お口の中をそれぞれの先生がそれぞれ独自の考えで治療をしてしまうと、お口のトータルバランスが崩れがちになります。まず、矯正歯科に来院して頂き、矯正治療を行う上で必要な処置を一般歯科の先生に矯正歯科医院からお願いすることが良いと思います。

Q.矯正治療は痛いと聞いたのですが・・・

A.装置をつけた当日から2,3日は、歯がうずいたり、噛むときに鈍い痛みを感じることがあります。この症状は歯が動き始めたときに起こる症状なので、個人差はありますが2,3日で痛みや違和感はおさまります。

Q.矯正治療は誰でもできますか?

A歯周病の方や虫歯が放置されている方は矯正治療ができません。
矯正治療の前に歯周病や虫歯の治療を先に行う必要があります。
それ以外であれば基本的にどなたでも治療を受けることができます。

Q.親知らずは抜いてから矯正歯科医院へ行くべきですか?

Aまずは矯正歯科医院で検査をお受け下さい。抜歯の必要性を含めて診断いたします。

Q.矯正の装置にはどんな種類がありますか?

A 歯科矯正(歯列矯正)には大きく分けて二つの治療装置があります。
1. ワイヤーを使用した固定式の装置
2. ワイヤーを使わない取り外しのできる装置
当院では、1のワイヤーを使用した矯正治療と2の取り外しのできる装置の両方を行っています。症例によって、装置を使い分けています。

Q.装置が外れてしまったらどうすればいいですか?

A 夜寝ているときや、食事中にブラケット(矯正装置)が外れてしまうことがあります。外れてしまったときは、すぐに当院までご連絡下さい。ご来院の時には、外れたブラケットをティッシュやハンカチにくるんでお持ち下さい。

Q.矯正中に虫歯ができたらどうなりますか?

A 矯正の途中でも装置を外して虫歯の治療をしなければなりません。丁寧な歯磨きで、虫歯にならないように注意しましょう。
当院では、定期的に歯科衛生士による専門的なクリーニングを行っております。

Q.大人になってからでも大丈夫ですか?

A 年齢的な問題・制限はありません。大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。実際、50歳でも矯正治療を受けられる患者さんがいます。

Q.治療期間はどのくらいですか?

A ご症状や装置などによって、治療期間には個人差がありますが、歯を抜かなければ1年半くらい、歯を抜いた場合は2年程度です。装置がとれた後は保定装置(リテーナー)を装着します。

Q.通院はどのくらいの間隔ですか?

A お口の状態によって個人差はありますが、およそ3~4週間に一度の通院頻度になります。装置がとれた後は、経過観察のため数ヶ月に1回お越し頂いております。

Q.治療費用はどのくらいかかりますか?

A 治療内容によって費用は異なりますが上下顎の成人矯正で概算で総額約60万円です。
症状や治療の内容により費用は異なります。 治療メニューをわかりやすくご説明いたしますので、治療費用やお支払方法などについてはご気軽にご相談ください。

Q.矯正治療に保険は適用されますか?

A 基本的には矯正治療は保険が適用されません。

Q.食事や会話に支障はありますか?

A 装着したばかりの頃は気になるかもしれませんが、すぐに慣れて普通にしゃべったり食べたりできるようになります。心配はいりません。

 

 

小児歯科Q&A

定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデーターがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯ができています。
このデータから、いかに小さい時からの予防が大切かということがわかります。

虫 歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。ご家庭での歯みがき習慣などのケア はもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科健診を受けられることをおすすめします。そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に 完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

Q.小児歯科とは、何歳から何歳までなのでしょうか?

A.小児歯科の最終目標は、虫歯のない、歯並びのきれいな永久歯列を完成させることです。
歯は、初めて乳歯として生えてくるのが月齢6ヶ月頃からです。最初に下の前歯が生えてきてから、2歳半頃まで20本の乳歯が次々と生えてきます。
永久歯が生え揃う13~14歳頃までだと思われる方が多いと思いますが、まだこの時点では上下の歯列の噛み合わせは完成してません。
そして、いろいろと成長発育を考慮した治療計画を立てなければならないため、顎顔面の成長が完了する(20歳前後)まで、管理してゆくことが小児歯科の役目です。

Q.子供の歯の一部が黒く見えるのですが、これは虫歯なのでしょうか?

A.虫歯の予兆と言えます。お子様が痛み(しみる、痛みなど)を訴えていなくても神経に伝わっていないだけで、実際は進行している事があります。虫歯は風邪と違い、放っておいても治りませんので、ぜひ、早めの受診をお勧め致します。

Q.虫歯のなりやすさは遺伝しますか?

A.歯の質や唾液の質は遺伝すると思われます。特に下の子は、上の子と一緒に早い時期からお菓子を食べ始めますので、特に虫歯になりやすい環境です。注意しましょう。

Q.毎日の歯磨きはいつすればいいですか?

A.理想をいうと、毎食後磨く事です。ですが、なかなか難しいのが現状ですので、せめて寝る前には必ず歯磨きをする習慣をつけてください。寝ている間の口内は唾液の出る量が少ないため細菌が繁殖しやすい環境になり、虫歯になりやすいからです。

Q.歯磨きはいつから始めますか?

A.出 来るだけ早いうちから癖をつけるのが良いと言えます。まだ歯の生えていない赤ちゃんの場合は、歯ぐきを指で軽くこすって磨いてあげましょう。お子さんが口 を触られることに慣れ、お母さんが口を磨くことに早くから慣れるためです。また、歯が生え始めたら、ガーゼタオルでしごくようにこすり磨きをしましょう。

Q.歯磨き粉はつけた方がいいですか?

A.毛先に少しつけて使用して下さい。最近ではほとんどの歯磨き粉にフッ素とキシリトールが入っているので、虫歯予防に効果があります。フッ素の効果を期待するために、うがいは1、2回でいいです。歯磨き粉とは、少し残っいても体に影響ありません。

Q.フッ素はいつ頃から、またいつまで塗るのですか?

A.乳 歯のうちからフッ素塗布をはじめ、最後の永久歯が生えそろい落ち着く中学生頃まで、3~4ヶ月に1度の塗布をおすすめします。生えてから間もない歯ほど フッ素を取り込む量が多いため、歯を強くする効果が高いといわれています。塗布の間隔は歯の生え方によって様子を見ながら塗っていきます。