竹原市の歯科医院、大田歯科医院(医療法人弘仁会)。矯正歯科、小児歯科、口腔外科、審美歯科 等に対応

HOME
リンク集

〒725-0021
広島県竹原市竹原町3511-7

0846-22-0879

お知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内よくある質問院内設備

大人の治療

子供の治療

治療の流れ


qr

携帯電話専用ページは、こちらのQRコードよりご覧頂けます。


矯正治療

当院の矯正治療

・乳歯列~混合歯列~永久歯列前期までの4~12歳くらいまでの年齢層対象の早期治療(第1段階治療)と成人も含む12歳以上対象の本格治療(第2段階治療)を行っています。


・早期治療(4~12歳)は、がたがたの除去、顎の骨格的な成長コントロール(10才前が最も効果的)、指しゃぶりなどの不良習癖やこれに伴う不正咬合の改善を行っています。目的は第2段階治療を容易にすることです。
歯を抜いて治したくない人はこの段階で相談されることをお勧めします。


・本格治療(12歳~)は永久歯できちんと合うようにします。
治療を開始する時期、装置の種類は患者さまによって異なります。
お気軽にご相談下さい。

歯科矯正は、矯正専門医が担当します。
相談は予約制になっていますので、電話でご予約下さい。


月2回 土曜日(第3土曜は毎月)
PM 1:00~PM 6:00
都合により変更する場合があります。
※確認、予約の場合はお電話下さい。

治療の流れ

初診・相談
矯正歯科治療に関する気になっているところや、疑問、ご希望などをお聞きした上で、患者様にドクターが適切な治療開始時期、予測される装置、治療期間および治療費についてご説明いたします。
小中学生、高校生の方は、保護者の方とご来院下さい。
やじるし
精密検査・再診断
より詳しい情報を得るために、精密検査を行います。写真撮影(お口の中の写真、お顔の写真)・レントゲン撮影(頭部・歯)により、歯並びの状態を詳しく検査します。
また、歯並びの模型(歯列模型)を作ってかみ合わせの確認をします。
やじるし
診断

検査結果をもとに今後の治療計画を具体的にご説明させて頂きます。
治療方法・期間・ご希望の矯正装置等により、矯正料金についても決定していきます。
疑問点等が解消され、治療内容・治療方針についてもよく理解して頂き、ご満足頂けるようであれば、次回から矯正治療の開始となります。

やじるし

【歯磨き指導・口腔内清掃】
矯正治療が始まると装置がお口の中につきますので、むし歯予防などの注意が必要です。その為、ブラッシングの仕方等の口腔清掃についての知識と技術をご指導させて頂きます。
その後、矯正装置の装着となります。

やじるし     やじるし
成長期で骨格的な不正のあるケース     成長期で骨格的な不正を認めないケース
顎の成長がほぼ終了しているケース
早期治療(第1段階治療)
 
本格治療(第2段階治療)

●4~12歳が目安

顎や顔の骨格の成長をコントロールしていきます。
主に歯の土台である顎の骨の不正(左右のずれ、骨格性の出歯、受け口など)を治します。
矯正装置装着後は、通常は3~6週間に1回の頻度で通院して頂き、治療計画にもとづいて装置の調整からワイヤー調整などの治療を行っていきます。
個人差はございますが、平均では2~3年程の治療期間になります。

 

●12歳以上が目安

マルチブラケット装着
期間:約2~3年
歯並び、噛み合わせを細かく直しています。

やじるし  

 

やじるし

成長観察・定期観察
 
本格治療を行う期間まで歯のはえかわり、顎顔面の成長を見守ります。
永久歯への交換や顎の成長にめどが立ったところで本格矯正へ移行します。
本格矯正へ移ることをお勧めしますが、早期治療により歯並びの不正が少ない等で
希望されない場合はここで治療終了することもあります。

 

やじるし
やじるし
精密検査・再診断
やじるし
本格治療(第2段階治療)


●12歳以上が目安

マルチブラケット装着
期間:約2~3年
歯並び、噛み合わせを細かく直しています。

 
やじるし
保定

並びと噛み合わせが正常な状態になったところで、保定装置によるメンテナンス期間になります。装置がとれた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしましますので、動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。矯正治療後のアフターケアとして大切な時期です。
元の不正咬合の状態よりさまざまなタイプの中から最適な保定装置を選びますので、3~6ヶ月に1回程度の頻度でメンテナンスを行っていきます。この期間中に咀嚼や発音などの口周囲の動きと歯並びとの調和がとれてきます。
これもやはり個人差がありますが、約2~3年間経過観察が必要です。

やじるし

終了

ワイヤー矯正と床矯正

矯正治療にはワイヤー矯正と床矯正があります。

 

ワイヤー矯正のメリットとデメリット
マルチブラケット装置
(ワイヤー矯正の1例)
◆ワイヤー矯正のメリットとデメリット
ワイヤー矯正は歯にブラケットという装置を取り付け、ワイヤーを
通して動かしていく矯正の効果としては、信頼度の高い過去の
実績のあるスタンダードな矯正です。

 

 

【メリット】
1 過去の実績のある治療法である。
2 不正咬合の種類にかかわらず幅広く対応できる。
3 治療期間が比較的短い。

 

【デメリット】
1 ブラケットやワイヤーを取り付けるため、見た目が気になる。
2 矯正中はブラッシングが難しくなるため、虫歯になりやすくなるためブラッシングに注意が必要になる。

 

最近は目立たない透明のプラスチックや白いセラミックのブラケットもあります。
白いワイヤーを使用することも可能です。
詳しくは当院でご相談ください。

 

 

床矯正のメリットとデメリット
床矯正装置の1例
◆床矯正のメリットとデメリット

 

 

【メリット】
自分で装置を外せるため、ブラッシングや手入れが楽でお口を清潔に保てる。

 

【デメリット】
1 自分で装置を外せるため、使用しないと効果が得られない。
2 単一装置に対して単純な矯正力しか与えられないため複雑な歯の移動には向かない。
(3次元的に歯を動かせない。)
3 床矯正では難しいケース(骨格性、歯の軸がずれているなどのケース)がある。

 

当院では患者様の状態にあった治療法を提案させていただきます。
ご遠慮なくご相談ください。

症例

◆<子供>早期治療による上顎前突(出歯)と叢生(がたがた)の改善

 

before 矢印 治療中 矢印 After
子供上顎前突 子供上顎前突 子供上顎前突
子供上顎前突 子供上顎前突 子供上顎前突
出歯とがたがたがあります。 装置であごを広げ出歯をひっこめています。 歯が並ぶスペースが生まれその部分に歯が並びました。

◆<大人>叢生(がたがた)の改善

  矢印   矢印
before 治療中 After
大人がたがた 大人がたがた 大人がたがた
大人がたがた 大人がたがた 大人がたがた
がたがたがありあます。 マルチブラケットという装置で歯を並べています。左右1本ずつ抜歯をしています。 きれいに歯が並びました。歯並びをキープするため裏側から保定装置を固定しています。
   

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)

◆できるだけ早く矯正治療を終了したい方へ

近年アンカースクリューを用いた矯正治療が行われるようになりました。これにより、治療期間の大幅な短縮や、今まで不可能だったケースの歯の移動も可能となりました。

アンカースクリューとは、歯茎に埋め込む小さなネジのような装置です。
埋め込みは、麻酔を含めて約20分ほどで完了します。 従来の歯列矯正は奥歯を固定源として歯を並べるため、歯に対してかける事ができない力の方向がありましたが、アンカースクリューを使った矯正治療ではその固定源を歯に求めずスクリューに求めるため、自由な方向に力を発揮 させる事が可能となりました。

歯を動かすとき、力のささえとなるところ(固定源)が必要です。 従来は、ヘッドギア等患者様が取り外せるものだったため、 使用することが大切なことがわかりながらもなかなか十分な時間使用できないこともあり、 期待した効果が得られないことがありました。
そこで、ヘッドギア等を使いたくないという患者様に対して、アンカースクリューを打つ という選択肢が増えました。

  アンカースクリュー
インプラント矯正 インプラント矯正
ヘッドギア
帽子の様な装置を使い歯に矯正力をかけます。
使わない場合は効果がありません。
アンカースクリュー
歯ぐきに打ったネジから歯に力をかけます。
着脱式でないため確実です。

 

矯正料金

矯正料金について(平成23年4月1日より : 消費税を含む)

矯正相談料
※注1参照
3,240円
初回納入
基本検査料
43,200円
2回目に納入
診断料
※注1参照
32,400円
3回目に納入
基本施術料
108,000円
4回目に納入
装置料
5回目に納入
 (使用する装置は患者さんによって異なります。以下装置例)
リンガルアーチ、アクチベータ、床装置
ヘッドギア、チンキャップ
43,200円
パラタルアーチ
21,600円
セクショナルアーチ
54,000円
歯科矯正用アンカースクリュー(インプラント矯正)
54,000円
マルチブラケットシステム(片顎) ※注2参照
118,800円
目立たない矯正装置 インコグニトアプライアンスシステム(片顎)
270,000円
インビザラインシステム(片顎)
270,000円
保定装置
 固定式(片顎)
21,600円
 可撒式(片顎)
21,600円
調節料                来院毎に納入(装置調整時)
 マルチブラケットシステム
7,560円
 その他の装置
5,400円
観察料                来院毎に納入(観察時)
2,160円

数年おきに矯正料金が改定される可能性がありますのでご了承ください。

注1 : すでに家族が本院で矯正治療を行っている場合、矯正相談料及び診断料は納入しなくてよいものとする。
注2 : 小児期の治療から行っていた場合、マルチブラケットシステム上下両顎で43,200円減額する。
注3 : 虫歯の治療、抜歯、義歯などの料金は、矯正料金に含まれていません。
注4 : 患者さんの不注意による装置の破損、紛失については修理・再製料を納めていただくことがあります。
注5 : 他の医院において矯正治療等で納入された料金は、当院とは一切関係がありません。

ここに書いた内容は、矯正治療に関する一般的な説明です。矯正治療は不正咬合の状態によって違いますので、場合によって説明と異なることがあるかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

矯正治療Q&A